ニュースリリース

広島県との外国人材の活躍促進に向けた業務連携に関する協定締結について

令和元年12月4日

 広島信用金庫(理事長 武田 龍雄)では、広島県との間で「外国人材の活躍促進に向けた業務連携に関する協定書」を締結しましたのでお知らせいたします。
  この提携は、県内企業などにおける外国人材の受入ニーズ・課題の把握などを行い、円滑かつ適切な受入れを推進するためのものです。
 当金庫では、今後もお客さまの多様なニーズにお応えするとともに、広島県と連携し地域社会の発展に取り組んでまいります。

1.協定の概要
目的 人手不足の課題を抱える企業などにおいて、外国人材の活躍を促進し、県内産業の発展に寄与する。
締結日 令和元年11月27日(水)
連携事項
  • 県内企業などにおける外国人材の受入ニーズ・課題の把握に関すること
  • 県内企業などにおける外国人材の円滑かつ適切な受け入れの推進に関すること
  • 県内在住外国人の地域における生活利便性および満足度の向上に関すること
当面の取組み
  • 県内企業などにおける特定技能などの外国人材受入ニーズ・課題の把握を行う
  • 県内企業などの外国人材受入ニーズに対応して、行政窓口や各種支援策などを周知する
  • 当金庫の窓口で、県内在住外国人に対し、多言語対応が可能な外国人専門相談窓口を周知する

以 上

ページトップ