預金保険制度について

預金保険制度とは

預金保険制度とは、金融機関が預金等の払戻しができなくなった場合などに、預金者等(以下「預金者」といいます)を保護し、また資金決済の確保を図ることによって、信用秩序の維持に資することを目的とする制度です。
わが国の預金保険制度は、「預金保険法」(昭和46年制定)により定められており、政府・日本銀行・民間金融機関の出資により設立された預金保険機構が制度の運営主体となっています。

ペイオフとは

ペイオフとは、金融機関の破綻時に、預金保険制度のもと、預金の払戻しが1金融機関につき預金者1人あたり元本1,000万円までとその利息を限度に保障されることをいいます。

対象金融機関

預金保険制度の対象となる金融機関は、当金庫を含め下記の金融機関です。

  • 銀行(日本国内に本店のあるもの)
  • 信用金庫
  • 信金中央金庫
  • 信用組合
  • 全国信用協同組合連合会
  • 労働金庫
  • 労働金庫連合会
上記の金融機関は預金保険制度への加入が義務付けられています。
日本国内に本店を有しない外国銀行の支店や、日本国内に本店のある金融機関の海外支店は預金保険制度の対象外です。

対象預金および保護の範囲

預金保険制度の対象となる預金等と保護の範囲は、次のとおりです。

預金の種類 保護の範囲
預金保険の
対象預金等
決済用預金
(*1)
当座預金
○利息のつかない普通預金 等
全額保護
一般預金等 ○利息のつく普通預金
○定期預金
○定期積金
○通知預金
金融機関ごとに預金者1人あたり元本1,000万円まで(*2)とその利息等(*3)を保護
元本1,000万円を越える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます。(金額が一部カットされることがあります。)
預金保険の対象外預金等 ○外貨預金
○譲渡性預金等
保護対象外
破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます。
(金額が一部カットされることがあります。)
(*1) 「1.決済サービスを提供できること、2.預金者が払戻しをいつでも請求できること、3.利息がつかないこと」の3条件を満たす預金です。
(*2) 平成15年4月以降に、金融機関合併を行ったり、営業(事業)のすべてを譲り受けたりした場合には、その後1年間に限り、保護される預金金額の範囲は、預金者1人あたり「元本1,000万円×合併等に関わった金融機関の数とその利息」となります。(例えば、2行合併の場合は2,000万円とその利息)
(*3) 「利息等」には、定期積金の給付補てん金を含みます。

預金保険制度にかかるQ&A

Q.取引している金融機関が破綻した場合、保護の対象となる預金等はすぐに引き出しできますか?
A.速やかに預金の引き出しが可能となるよう、対応が進められます。

  • 預金の引き出しにあたっては、名寄せにより個々の預金者の預金総額を確定する等の必要があります。この作業を迅速に行えるよう、金融機関は預金者に関するデータやシステムを日ごろから整備しています。
  • 普通預金には「仮払い」という制度があります。金融機関が破綻して、預金の引き出しまでに時間を要する場合には、普通預金1口座あたり60万円までの「仮払い」を受けることができます。なお、支払われた「仮払い」の額は、後日払い戻される預金金額(預金保険金額)から差し引かれます。
  • 自動引き落としなどのサービスは、金融機関が破綻しても必ずしも利用できなくなるわけではありません。

Q.預金のうち、元本1,000万円を超える部分とその利息はどうなるのですか?
A.破綻した金融機関の財産の状況に応じて支払われます。そのため、一部カットされることがあります。

  • 預金のうち、全額保護される預金を除き、元本1,000万円を超える部分とその利息については、破綻した金融機関の財産の状況等を考慮して決定される率(概算払い率)を乗じた金額の支払(概算払い)が受けられます。
  • 概算払いおよび仮払いが行われる時には、いつ、どのように行われるかについて、あらかじめ、預金保険機構からマスメディアを通じて情報が提供されます。
  • 金融機関の破綻により金融システムに危機的な事態が予想されると判断される場合には、預金を全額保護する措置が採られることもあります。

Q.家族名義の預金等は、それぞれ別に名寄せされるのですか?

A. 別に名寄せされます。
家族であっても、夫婦・親子はそれぞれ別の法的主体であるため、その名義に従い別個の預金者として取り扱われ、それぞれ別に名寄せされます。
  • ただし、家族の名義を借りたに過ぎない預金等は、他人名義預金として保険の対象外となるため、注意が必要です。
  • 個人事業主の場合、事業用の預金等と事業以外の預金等は、同一人の預金等として名寄せされます。

名寄せとは
「名寄せ」とは、1つの金融機関に、1人の預金者が複数の口座を持っている場合に、それらの口座の残高を合計することです。「名寄せ」したうえで、預金保険で保護される預金額が確定されます。

Q.保護される預金金額は、金融機関が合併したらどうなるのですか?

A. 金融機関が合併等を行う場合、その後1年間に限り、預金保険によって保護される預金限度額は、預金者1人あたり「元本1,000万円×合併等に関わった金融機関の数とその利息」とする特例が適用されます。(例えば、2行合併の場合は2,000万円とその利息)

預金保険制度について、詳しくはこちらをご覧ください。
(金融庁の預金保険制度のホームページにリンクしています。)

ページトップ