そなえる

ひろしんでは、お客さまの将来にそなえて様々な保険商品・サービスをご用意しています。
ライフプランに合わせた保険の選び方、各種対策については、ひろしんにご相談ください。

インフォメーション

令和2年11月9日より新たに、次の保険商品の取扱いを開始しました。

  • 医療保険「メディカルKit エール」〔東京海上日動あんしん生命保険株式会社〕

貯めながら将来にそなえる(保険)

万一の場合にそなえる(保険)

iDeCo(個人型確定拠出年金)

確定拠出年金制度について

確定拠出年金は、公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金制度です。国民年金や厚生年金と組み合わせ、より豊かなセカンドライフを実現するための資産形成方法のひとつとしてご活用ください。
確定拠出年金には、個人が掛金を拠出する「個人型(iDeCo)」と企業が従業員のために掛金を拠出する「企業型」の2つのタイプがあります。

iDeCo(個人型確定拠出年金)について

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、お客さまご自身が掛金を積立てながら、ご自身で選んだ商品で運用し、原則60歳以降に運用成果に応じて年金や一時金を受け取れる制度です。
積立期間、運用期間、受取り時に税制面においてさまざまなメリットがあります。
くわしくは、下記の「イデコ公式サイト(国民年金基金連合会)」をご確認ください。

iDeCo(個人型確定拠出年金)取扱いプラン

国民年金基金

国民年金基金は、自営業・フリーランスの皆さまの老齢基礎年金に上乗せする、公的な年金制度です。

国民年金基金の3つのポイント

  • Point 1
    自営業・フリーランスの方が加入できる
    加入できる方
    • 20歳以上60歳未満の国民年金の第1号被保険者の方
    • 60歳以上65歳未満の方や海外に居住されている方で、国民年金に任意加入されている方
  • Point 2
    老後のライフプランに合わせて給付の型が選べる

    年金額の加入口数、年金受取り期間は給付の型によって決まります。

  • Point 3
    掛金は月額最大68,000円まで

    掛金は加入時の年齢、性別、選択する給付の型と口数によって決まります。
    掛金は月額68,000円が上限です。個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入されているときは、その掛金と合わせて68,000円が上限となります。

国民年金基金の5つのメリット

  1. 終身年金が基本
    終身年金が基本なので、長い老後の生活設計ができます。
  2. 年金額が一定、掛金額も一定
    加入時の掛金額は払込期間終了まで変わりません。
  3. 税制上の優遇
    掛金は全額社会保険料控除の対象となり、確定申告で税金が軽減されます。
    受け取る年金も、公的年金等控除の対象となります。
  4. 万が一のときはご家族に一時金
    万が一早期にお亡くなりになったときは、ご家族に遺族一時金が支払われるため、掛け捨てにはなりません。(B型を除く)
  5. 自由なプラン設計
    ライフプランに合わせて、年金額や受取期間を選択できます。

留意事項

  • 当金庫は、三井住友信託銀行の信託代理店として国民年金基金の加入手続きを行っています。
  • 国民年金基金は、公的な年金制度であるため、加入後は任意脱退できません。
  • 国民年金基金は、国民年金保険料の納付状況によって、ご加入いただけない場合があります。

相続対策(信託関連商品)

相続は、ご本人さまにとっても、ご家族にとっても重要な問題です。
万が一の時にあわてないために、また残されたご家族のためにも、今のうちから備えておくと安心です。ひろしんでは、皆さまの相続対策をサポートする多様なメニューを取り揃えていますので、是非ご活用ください。

遺言信託

「遺言」は、ご自身の意思をご家族に伝えるひとつの方法です。遺言書で遺言執行者を決めておくと、遺言の内容を確実に実行できるので、ご家族の「争続対策」に有効です。「遺言信託」では、公正証書遺言の作成にあたってのご相談、保管、執行などをトータルでサポートします。

当金庫では、三井住友信託銀行とは代理店契約を、山田エスクロー信託とは業務提携をしており、お客さまのご意向に沿った対策を「媒介」という形でお手伝いします。契約の当事者は、お客さまと各信託会社になります。

「遺言信託」手続きの流れ
1.事前のご相談>2.遺言公正証書の作成>3.証人の引き受け>4.遺言信託の申込み>相続発生>5.相続開始の通知>6.遺言書披露・遺言執行者就任>7.遺産の調査・財産目録作成>8.所得税・相続税などの資金手当てのアドバイス>9.遺産分割の実施>10.遺言執行終了の報告 1.事前のご相談>2.遺言公正証書の作成>3.証人の引き受け>4.遺言信託の申込み>相続発生>5.相続開始の通知>6.遺言書披露・遺言執行者就任>7.遺産の調査・財産目録作成>8.所得税・相続税などの資金手当てのアドバイス>9.遺産分割の実施>10.遺言執行終了の報告

(注)遺言信託には、各信託会社の規定に定める手数料が必要になります。手数料額は、各社ホームページ等でご確認願います。

遺産整理業務

相続時の遺産分割は、財産の多少にかかわらず手間と時間を要します。「遺産整理」では、仕事などで多忙な相続人の方々に代わり、遺産の把握から分割までのお手続きをサポートします。

当金庫では、三井住友信託銀行山田エスクロー信託といった十分な実績のある専門機関と提携し、お客さまの遺産分割をお手伝いいたします。

「遺産整理業務」手続きの流れ
1.事前のご相談>2.遺産整理業務の委任契約>3.相続財産の調査>4.遺産分割協議書作成の支援>5.所得税・相続税などの資金手当てのアドバイス>6.遺産分割の実施>7.遺産整理業務終了の報告 1.事前のご相談>2.遺産整理業務の委任契約>3.相続財産の調査>4.遺産分割協議書作成の支援>5.所得税・相続税などの資金手当てのアドバイス>6.遺産分割の実施>7.遺産整理業務終了の報告

(注)遺産整理業務には、各信託会社の規定に定める手数料が必要になります。手数料額は、各社ホームページ等でご確認願います。

しんきん相続信託「こころのバトン」

相続発生時には、葬儀費用などの資金が必要となります。しんきん相続信託「こころのバトン」では、あらかじめお預かりした財産を、ご指定の方法で、ご指定のご家族の方が迅速にお受取りになれますので、当面の資金等の準備にご活用いただけます。

  • Point 1
    簡単な手続きで、
    迅速にお受取り

    お客さまに相続が発生したとき、あらかじめ指定されたお受取人が、まとまった資金を迅速に受け取ることができます。

  • Point 2
    定期的な
    お受取りも可能

    ご家族用定時定額金:お客さまに相続が発生した後、ご家族が一定の金額を定期的に受け取ることができます。
    ご自分用定時定額金:お客さまが一定の金額を定期的に受け取ることができます。

  • Point 3
    元本保証で安心
    預金保険の対象

    信用金庫の中央金融機関である信金中央金庫が、信託財産を安全に管理・運用し、元本を保証します。

(注)本商品は、当金庫が信金中央金庫の信託契約代理店として媒介のうえご提供する商品であり、商品内容については信金中央金庫のホームページでご確認願います。また、本商品の申込みには所定の手数料が必要となりますので、担当者にお尋ねください。

しんきん暦年信託「こころのリボン」

「生前贈与」は、次世代への財産の承継や相続税対策に有効な方法です。しんきん暦年信託「こころのリボン」は、贈与税の非課税枠を活用した生前贈与を、贈与契約書の作成といった面倒な手続きをせず、かつ、課税扱いされないよう記録に残すところまでサポートします。

  • Point 1
    簡単な手続き

    資金の振込みなど、贈与の都度、必要になる手続きのサポートが受けられます。定期的に書類が送られてくるので、贈与の機会を忘れることもありません。

  • Point 2
    誰に、いくら贈るか
    指定可能

    贈与する方は、あらかじめ贈与を受ける方の候補を指定できます。
    その中から、誰に、いくら贈与するか、毎年1回指定することができます。

  • Point 3
    元本保証で安心
    預金保険の対象

    信用金庫の中央金融機関である信金中央金庫が、信託財産を安全に管理・運用し、元本を保証します。

(注)本商品は、当金庫が信金中央金庫の信託契約代理店として媒介のうえご提供する商品であり、商品内容については信金中央金庫のホームページでご確認願います。また、本商品の申込みには所定の手数料が必要となりますので、担当者にお尋ねください。


お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ

保険・年金については

営業統括部 
プライベートバンキング室

0120-60-2030

国民年金基金・相続対策については

お客様サポート部 
創業・事業承継サポート室

082-245-0513

店舗でのご相談

店舗・ATM検索